インプラントとは?
インプラント治療の概要

 

インプラント手術は怖い、心配だということを患者さんからお聞きします。

これは当然のことだと思います。

 

安心、安全なインプラント手術を提供するためには、高い技術レベルと高い

施設レベルを必要とします。

 

成城デンタルクリニックで、インプラント手術成功確立を高めるために、い

ろいろなことを実施しています。

成城デンタルクリニックとして徹底している5つについてご説明いたします。

 

 

① 信頼できるインプラント体

 

 

インプラントの治療の成功には、成功レベルの高いインプラントメーカーの

インプラント体を使用すること。メーカーの保証は10年保証であることが必要である。

 

 ・インプラント手術にはインプラント体を顎の骨の中に埋入する治療が

 必要になります。このインプラント体は、メーカーで製造されていま

 すが、精度に大きな差があります。

 精度の高いインプラント体は価格も高くなりますが、手術の成功率を

 高めていくためには妥協できないのです。メーカー側も品質の高さを

 証明するために10年間の保証を行っています。成城デンタルクリニッ

 クでは、最低10年間の保証があるインプラント体のみを使用し、イン

 プラント手術の成功率をより高める努力をしています。

 

 

 ② 院内設備の完備

 

 インプラントの上部構造(上の歯の部分)を、審美的かつ生体親和性の高い

 歯の被せ物(ジルコニアアバットメント、ジルコニアクラウン、チタンアバ

 ットメント)で制作できるCAD/CAM加工システムを院内に持っていること。

 インプラント体は、各メーカーとの互換性があること。

 

 ・インプラント体の上部構造に被せ物を装着することでインプラント手

 術が完了します。被せ物には身体との適合性の高いジルコニアを使用

 していきます。成城デンタルクリニックでは、院内でCAD/CAM設備

 を持つことで様々な症例に対応することができます。

 インプラント体も、メーカーとの互換性があるものを使うことで、よ

 り多くの組み合わせを作ることができます。この組み合わせの多さが、

 患者様の選択肢を増やすという効果を生み出しています。

 

 

 

 ③ 精密な検査の実現

 

 診断にはCT撮影を行い、骨の量、長さ、幅などを確認し、3次元でインプ

 ラントの埋入シミュレーションをしっかり行うこと。

 

 ・インプラント手術は顎の骨にインプラント体を埋入するという手術で

 すが、この埋入のポイントを正確に判断する必要があります。そのた

 めには、CT撮影は必須であり、綿密なシミュレーションの上で手術を

 実施していく必要があります。今やインプラント手術の安全性を高め

 るためには、CT撮影が欠かせません。

 

 

④ 清潔な環境、プロによる安全の管理

 

 清潔な手術室でインプラント手術を行うこと。安全のために、全身管理を麻

 酔医、看護師によって行い、適切なモニタリングを行う。必ず静脈の確保を

 行い、酸素吸入下で、心電図、脈拍、血圧、酸素飽和度をチェックし、手術

 を行っていること。

 

 ・手術を行うためには専用の手術室が必要です。同時に患者様の全

 身管理を行う麻酔科医、看護師が必要です。患者様の全身状況を

 常に把握しながら手術を行うことがインプラント治療を行うため

 には必須です。

 

 

⑤ メンテナンスシステム構築

 

患者様のホームケアの確立、及びプロフェッショナルケアによるメンテナン

スシステムがしっかり構築されていること。

 

 ・インプラント手術後の生活では、お口の中を常に清潔に保つ必要

 があります。そのためには、日常生活で患者様がホームケアを徹

 底されること、更に院内でプロの歯科衛生士によるケアを受けて

 いただくことが必要です。当クリニックでは、このメンテナンスシ

 ステムを構築し、患者様の歯の健康を守っています。

 インプラントは、インプラント体を歯に埋め込み、治療していくものですが、

 歯が抜けた、歯を抜かなくてはならないというような場合の治療法はいくつかあります。


 【歯の抜けた状態】

  下の図のように歯が抜けている上体をそのままにしていると、他の歯にも悪影響が
  あります。
 
  歯が抜けた上体を放置してはいけないのです。
  このような場合の治療にはいくつかの方法があります。

003.jpg

 インプラントは、インプラント体を歯に埋め込み、治療していくものですが、

 歯が抜けた、歯を抜かなくてはならないというような場合の治療法はいくつかあります。


 【歯の抜けた状態】

  下の図のように歯が抜けている上体をそのままにしていると、他の歯にも悪影響が
  あります。
 
  歯が抜けた上体を放置してはいけないのです。
  このような場合の治療にはいくつかの方法があります。

003.jpg

 【一本だけ抜けた場合の治療法】

  1.ブリッジでの治療

  2.部分義歯での治療

  3.インプラントでの治療


 このような種類があります。それぞれの治療法について説明をしていきたいと思います。




 【部分義歯(部分入れ歯)とは?】

 歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合には、部分入れ歯による治療
 になります。

 総入れ歯と区別するために部分義歯(部分入れ歯)と呼ばれています。

 入れ歯は、英語ではデンチャーと呼ばれています。
 部分義歯(部分入れ歯)をパーシャルデンチャーと呼ぶ場合もあります。

 保険治療の場合には金属の「クラスプ」が付いたタイプの部分入れ歯しかありま
 せんが、保険外治療の場合にはクラスプが付いていないものなど、様々なタイプ
 のものがあり、患者さんの選択の幅が広くなりました。


007.jpg










 金属部分のない、ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)なども開発され
 ていますが、これは、金属部分が見えないということで、審美性も高い入れ歯を、
 ご希望される患者さんも増えています。
 笑った時に銀色の金属が見えてしまうことに抵抗感を感じる患者さんも多く、
 ノンクラスプデンチャーは大きく広がってきています。

 図の左側にあるブリッジによる治療同様、部分義歯(部分入れ歯)も健康な歯に
 影響を与えます。健康な歯にクラスプを引っ掛けるような状態になります。
 このような状態は、インプラントと比べ、長期的に見ると歯の負担になるとも考え
 られます。




 
【ブリッジとは】

 1本だけ歯が抜けた場合は、前後の歯を削り、ブリッジという技工物を取り付けます。
 
 ブリッジとは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しを
 するように人工の歯を入れて欠損部分を回復するものです。

 その様が橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科
 医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。

002.jpg










 ブリッジは一般的な治療法ではありますが、健康な歯を削らなくてはならないという
 問題もあります。

 健康な歯を削ることにより、将来的には前後の歯の寿命を短くしてしまうという問題
 もあります。

 保険治療でも出来るということで、患者さんのコスト負担が小さいというメリットが、
 ありますが、健康な歯を削ることから、成城デンタルクリニックではこの治療法をお
 すすめはしません。患者さんのご希望により対応する場合もございます。


インプラント手術即、日常生活を送れます!!

インプラントによる歯科治療が普及し、多くの患者さんが当院に来院しました。
今まで、当院では、2,000本以上のインプラント手術を実施しています。年間約500本のインプラントを埋入しています。多くの患者さんが、インプラント手術後、人生が変わったというお話をしています。
今まで噛めなかったものが噛めるようになるということは、人生を楽しむことができるようになるということです。インプラント手術後も、当院で定期メンテナンスを実施していただき、患者さんと10年、20年以上のお付き合いをしていく中で、本当に患者中心の医療を提供していきたいと考えています。まずは、ご相談にお越しください。

Last Update 2012-03-01 by admin