当院のインプラント

 

A.チタンフレーム+レジン

歯茎のやせが少ない人に向いている治療法です。

 
1.チタンフレー
 

011.jpgのサムネール画像

 チタンフレーを使ったインプラント技術です。
 
 
 インプラント体を埋入後に、チタンフレームをはめ、レジンで歯の形に整えます。
 
 チタンフレムは耐久性も高く、体への悪影響のない金属となっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.チタンフレームの装着
 

025.jpgのサムネール画像

 仮歯を外し、チタンフレームに合わせて製作した歯をネジで留めてセットします。
 
 チタンフレームにレジンを塗ることで、金属部分を白い歯にします。
 レジンを塗ることで白い歯になりますが、自然な歯となるような染色を施します。
 
 歯のかみ合わせが強くかかる奥歯部分には、白い歯となるレジンを塗りません。
 この加工方法を取ることで、より耐久性を強化することができます。
 
 通常は全てレジンを塗り、全く白い状態とするのですが、生活環境を快適にし、
 長期間耐えるためには、このような特殊な加工が必要となってきます。
 
 
 
 
 
 
3.仕上げ
 

027.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 ネジ山を埋め、チタンフレームに合わせた歯をセットして完成します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
B.チタンフレーム+レジン歯肉作成+ジルコニア

 歯茎がやせており、歯肉の形態を作る必要がある人向け

 
 
1.チタンフレーム+レジン歯肉作成
 
017.jpg
 
チタンフレーム下にレジンで赤い歯肉を製作します。
 
強度の高いチタンフレームに、自然な歯の状態となる赤い歯肉を盛り、加工していきます。
 
通常の人工の歯では見られない自然な印象を与えるための加工方法です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.チタンフレームにジルコニアをセット
 
018-2.jpg
 
 
チタンフレームにジルコニアをセットしていきます。
 
赤い歯肉がある部分の上に、光を通し、より審美性の高いジルコニアをセットすることで、自然な歯の状態を作り出します。
 
ジルコニアは、4ブロックに分けて装着します。このような処理をすることで、歯が壊れた場合にも、全体を作り直さなくても対応することができます。
 
このような工夫が、日常生活を安心して送るために必要になることです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.ジルコニアの歯を装着し完成へ
 
 
019.jpg
 
ジルコニアの歯を装着して完成となります。
 
患者様には、セット後にキチンとメンテナンスをしていただくようにお話をしております。
 
毎日の歯磨きと同時に、定期メンテナンスを当院でお受けいただくことで、長期間の歯の健康を守ることができます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
C.ジルコニアアバットメント+ジルコニア装着
 

 歯茎のやせが少なく、見た目の自然さを重視する人に向けた治療法

 
 
1.ジルコニアアバットメントをセット
 
020.jpg
 
ジルコニア アバットメントをセットしていきます。
 
アバットメントとは、インプラントする際にインプラント体(歯根側)と上部構造(歯冠側)を連結させる支台装置をいいます。
 
インプラント治療は上から、上部構造、アバットメント、インプラント体(フィクスチャー)の3つによって構成されています。
 
アバットメントにジルコニアを使うことで、より体に適合する治療法を実現しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.ジルコニアで作った歯をセット
 
022.jpg
 
ジルコニアアバットメントの上に、ジルコニアで作った歯をセットしていきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.ジルコニアの歯を装着し完成へ
 
023.jpg
 
 
 
 
 

Last Update 2010-12-12 by admin